6月のショートケーキ。

6月のショートケーキ。

「6月生まれの人は、かわいそう。お誕生日ケーキに国産イチゴが使われることはほとんどない」。沖縄のパティシエは、こんな話を切りだしました。「ショートケーキの中にはさむいちごはいい。でも、てっぺんに飾るいちごは、国産のキレイな形のものを使ってあげたい。5月~11月に日本全国のいちご生産量ががくんと落ち、輸入品しか手に入らない夏の時期に大谷町でいちごを育ててくれたら、たくさんの人が喜びます。」私がこういう話に弱い性格なのを知っていたのでしょう。小平興業としては、夏いちごの栽培を始めるかどうか迷っていたのですが、出張先の沖縄を視察し,会議の後も泡盛を片手に話し込んでいるうちに「やりましょう」と返事をしてしまった。それがきっかけです。宇都宮の会社に戻り、役員会の承認をとって、夏いちごの栽培を始めることになりました。小平興業は、建設業が生業です。これまでショベルクレーンとかブルドーザーとか、重機をあつかう仕事してきた私たちがいきなりいちごを栽培するのですからみんな正直驚いたと思います。「建設業を通して、大谷の振興にお手伝いできないですか?」と市役所の方にお伝えしたのがきっかけですが、夏いちごの栽培で地域に貢献できるならそれもいいと発想を切り替えました。縁の下の力持ちのように、遠く離れた土地の人が喜んでくれるというのは嬉しいことです。
とは言え、いちごづくりは素人。CDPフロンティアさんにお願いして、1年間、いちご栽培を学ばせていただき、平成30年から自前のビニールハウスで夏いちごの栽培をスタートしたばかりです。難しいことも多いですが、ずっと続けていきます。

2019.06.26

小平興業株式会社  http://www.kodaira-k.com/company.html
栃木県宇都宮市西川田町1164番地