「大谷石文化学」連載による情報発信

各分野の専門家がナビゲーター役となり、大谷石文化を語る上で欠かせない話題や背景を取り上げた連載をご紹介します。

地質

大谷石そのものの話

講師:酒井 豊三郎(宇都宮大学名誉教授)

大谷石文化の下地である大谷石そのものについて、石材・景観の構成材料としての観点を主軸に、石としての性質・特徴などを解説する。

1.大谷石の姿と広がり(その1)
大谷石とは何か。どこに、どのように存在するのか。場所によって随分と異なった石に見えるがそれは何故か。などについて解説する。
》 詳しくはこちら
2.大谷石はこうやってできた
火砕流堆積物として大谷石が出来上がり、現在私たちが見ている状態になるまでの過程について解説する。
》 詳しくはこちら

歴史

大谷石文化の黎明 ―古代・中世の大谷―

講師:橋本 澄朗(宇都宮市文化財保護審議委員会委員長)

大谷石採掘と利用が本格化する江戸時代以前、人々は大谷石とどのように関わったのか。大谷石文化の黎明期の一端を概観する。

1.大谷寺洞穴遺跡 -大谷の地に足跡を残した人々-
大谷磨崖仏の造像された岩陰(洞窟)には、縄文時代草創期以来断続的ながら人々の営みが確認されていたことを発掘調査の成果から説明する。
》 詳しくはこちら
2.大谷石の横穴式石室-黄泉の世界を演出する威信材-
古墳時代後期(6世紀)になると、姿川上流地域には、大谷石を構築材とした横穴式石室の古墳が築造されていることを具体的事例を紹介しながら説明する。
》 詳しくはこちら
3.仏教文化の波及と大谷 -里山の異界を求めて-
大谷地域を含めた宇都宮北部には、水道山瓦窯跡、大谷磨崖仏、多気不動尊等仏教文化の波及を示す記念物が多数所在することをこの地の自然景観と関連させて説明する。
》 詳しくはこちら
4.大谷磨崖仏 ―岩壁に彫られた十体の仏像―
東国でも稀有の存在である大谷磨崖仏についての概要、具体的な造像背景、造像方法、造像順序を説明する。
》 詳しくはこちら

民俗

大谷石と大谷をめぐる民俗

講師:柏村 祐司(栃木県立博物館名誉学芸員)

人々の記憶や使用してきた道具等から、大谷石採掘ならびに大谷に関わる人々の暮らしについて紹介する。

1.問屋を中心とした大谷石山の社会
主として手掘り時代の大谷石採掘者の組織について紹介する。
》 詳しくはこちら
2.石山の守り神 -山の神信仰-
山の神の祭りなど山の神信仰の実際について紹介する。
》 詳しくはこちら
3.石切り方法と道具 -手掘りから機械堀へ-
手堀りによる採掘の方法と道具、および機械の導入の経緯について紹介する。
》 詳しくはこちら
4.お宝を火災から守る -石蔵の出現-
蔵は板蔵から石蔵へと変わったが、石蔵が最初、貼石工法によって建てられたことを運搬の関わりから紹介する。
》 詳しくはこちら

建築・都市

大谷石の建築文化

講師:安森 亮雄(宇都宮大学地域デザイン科学部准教授)

大谷石の様々な建築を取り上げ、その時代背景や、石工の工夫、建築家のデザイン、そこでの暮らしや営み、それらが集積した町並みなどを読み解き、それらの総体としての建築文化を考察する。

1.農村集落における大谷石の町並みと建物の類型学
宇都宮市の農村集落のフィールドワークにもとづく、大谷石の町並みと建物の紹介。
》 詳しくはこちら
2.中心市街地における大谷石の町並みと建物の類型学
宇都宮市の中心市街地のフィールドワークにもとづく、大谷石の町並みと建物の紹介。
》 詳しくはこちら
3.地域性(ヴァナキュラー)と匿名性(アノニマス)—近代のデザイン運動との関わり—
近代主義の大量生産や均質性を乗り越えるため、デザイン運動が着目した、石の建造物の地域性と匿名性について解説。
》 詳しくはこちら
4.大谷石の学びの空間―宇都宮大学キャンパスの生きた教材―
大正時代に設立された宇都宮大学のキャンパスにおける、フランス式庭園や、旧図書館書庫、近年の整備まで、大谷石の学びの空間について紹介。
》 詳しくはこちら

景観

大谷石の風景・大谷石文化―未来へ

講師:塩田 潔(NPO法人大谷石研究会理事長)

地域の建築家として自分が見てきたもの、調査してきたもの、感じてきたもの、創ってきたもの、そして今後の可能性、大谷の町の可能性等について紹介する。

1.大谷石との出会い・大谷石の風が吹いてくる
宇都宮市民・栃木県民にとって、幼少時に大谷石の石塀や石蔵との出会いがある。そのヴァナキュラーな素材との出会いは、私たちにとって大変幸運な事。
》 詳しくはこちら
2.旧帝国ホテル・ライト館に使われ、一気に付加価値が高まる
旧帝国ホテル・ライト館との出会いは、大学3年の時であった。私にとっては意外な印象であった。
》 詳しくはこちら
3.宇都宮独特の景観形成
私たちにとって当たり前の風景、大谷石の石塀や石蔵のある風景が今も旧街道沿いに残る。擁壁、アーチ型の橋や石畳が景観に彩りを添える。
》 詳しくはこちら
4.諸々の日本の近代化産業を支えてきた大谷石
地元では、味噌、醤油、酒の醸造蔵として、周辺地区では真岡木綿や足袋の製造、両毛地区の絹織物の工場や礎石として産業を支えてきた。
》 詳しくはこちら

産業・環境

大谷の環境資源と大谷石の特性を活かした地域の再創生

講師:横尾 昇剛(宇都宮大学地域デザイン科学部教授)

1.大谷エリアの環境資源 地上編
大谷エリア及び周辺における地域の固有の環境資源として、特徴的な景観、加工場跡や大谷石使用の建物など構造物の立地状況について述べるとともに、大谷エリア固有の環境資源の活用の方向性について解説する。
》 詳しくはこちら
2.大谷エリアの環境資源 地下編
大谷エリアにある特徴的な産業遺構としての地下空間の概要と地下空間活用の先行的取り組みの動向、そして地下空間特有の温度分布、冷水の温度分布、冷水貯留量を冷熱エネルギーとしての新たな活用方策について解説する。
》 詳しくはこちら
3.大谷石の熱的特性と活用
大谷石の熱伝導、蓄熱性、保水性など、熱的特性を活かした活用事例を紹介。
》 詳しくはこちら
4.大谷の環境資源で夏いちご
大谷の地下空間に貯留されている地下冷水を冷熱エネルギーとして活用する用途として農業に着目し、大谷の夏いちごの栽培や他の農業分野への活用の展開について解説する。
》 詳しくはこちら

美術・デザイン

フランク・ロイド・ライトが拓いた大谷石文化

講師:橋本 優子(宇都宮美術館専門学芸員)

アメリカ人建築家フランク・ロイド・ライト(1867~1959 年)を出発点に、地域の名建築、石と人の活動を支えた鉄路、戦後の状況、そしてライトがもたらした糧を「未来の遺産」「地域の誇り」として継承することを解き明かす。

1.ライトによって拓かれた大谷石文化の近代(1)
ライトの来日と石選び、日本政府の全国石材調査、ライト《旧・帝国ホテル ライト館》、そのために拓かれたホテル山(旧・東野採掘場)の紹介。
》 詳しくはこちら
2.ライトによって拓かれた大谷石文化の近代(2)
《旧・帝国ホテル ライト館》の真実、近代の眼差しに則る日本らしさ、木・土との親和性を湛える石に対するライトの拘りについて解説。
》 詳しくはこちら
3.地域が誇る昭和戦前の大谷石名建築(1)
それぞれのモダニティ、在来・実用・歴史・近代建築の関係性をめぐる分析と、安 美賀《旧・宇都宮商工会議所》の紹介。
》 詳しくはこちら
4.地域が誇る昭和戦前の大谷石名建築(2)
マックス・ヒンデル《カトリック松が峰教会聖堂》について、在来・実用・歴史・近代建築という四つの概念、ロマネスクの建築言語、設計者の活動と取り組みに照らして論説。
》 詳しくはこちら

自然環境

大谷の自然と人々の暮らし

講師:髙橋 俊守(宇都宮大学地域デザイン科学部教授)

人々は、大谷の自然特性をどのようにとらえ、地域資源として利用してきたのだろうか。大谷石文化の基底となる生態系サービスを俯瞰し、大谷の自然と人々の暮らしの関係を明らかにしたい。

1.大谷地区の地形特性
山、川、岩が織りなす変化に富んだランドスケープについて。
》 詳しくはこちら
2.地名「Oya」とグリーンタフ
大谷地区の地域特性を考慮するために不可欠な要素が、緑色凝灰岩(グリーンタフ:green tuff)の存在である。
》 詳しくはこちら